赤いパッケージに、金のロゴ。秋を思わせるデザインから、強いコクと飲みごたえを期待せずにはいられない、サントリーの「金麦ゴールド・ラガー」。贅沢麦芽は、金麦のオリジナルと共通だ。しかし、

オリジナル
ゴールド・ラガー
  • アロマホップとビターホップをバランスよく使用
  • 三段階うまみ抽出製法を採用
  • アルコール分5%
  • ビターホップをふんだんに使用
  • 本格二段仕込製法を採用
  • 高発酵、高炭酸
  • アルコール分6%

という形で差別化されている。

今回は、累計130億本以上も出荷されている金麦の、強めラインナップである「金麦ゴールド・ラガー」の実飲レビューだ。

金麦ゴールド・ラガーのキャッチコピー

缶には印字されていないが、サントリーの金麦製品ページには、以下のようなキャッチコピーが書かれている。

力強い麦のうまみと飲みごたえのラガー

https://www.suntory.co.jp/beer/kinmugi/products/

アルコール分が6%と、金麦シリーズのレギュラー商品の中ではもっとも強めになっている。

さて、その力強さや、いかに!

実飲レビュー

金麦ゴールド・ラガーの実飲レビュー

1口目から強烈なコク!キャッチコピーの通り、力強さがすごい。

飲みごたえもタップリで、どんな料理にも負けないパワーがある。

とはいえ、ただ単に力強いだけでなく、後味は非常にスッキリしていて、そこがスゴい。

苦味ももちろんあるけれど、強烈じゃなくて、全体として整っている感じがする。

力強さと飲みやすさが両立した、素晴らしい発泡酒だ。

ウイスキーをプラスした「ボイラーメーカー」もイケる!

金麦ゴールド・ラガー ボイラーメーカー

金麦ゴールド・ラガーは、味が整っていながらも非常にパワフル。

そして、そんなパワフルさをさらにアップさせる、素敵な飲み方がある。

それが「ボイラーメーカー」だ。ビールとウイスキーをあわせた、カクテルの一種である。

作り方は簡単で、金麦ゴールド・ラガーにウイスキーを適量注ぐだけ。

パワフルな金麦ゴールド・ラガーだからこそできる、乙な飲み方だ。ウイスキーのスモーキーさがプラスされて、さらにパンチが強くなる。(そして一気に酔える)

発泡酒だとちょっと物足りないという場合は、ぜひ試してみて欲しい。

どんな人にオススメ?

  • 手頃な値段で力強い発泡酒が飲みたい人
  • コクとうまみを優先したい人
  • 手軽にガッツリ酔いたい人

「発泡酒でも、しっかり強めのコクが欲しい!」そんな人にはオススメできる1本だ。

アルコールが苦手な人には強すぎるかもしれないが、普段からストロング系を飲んでいる人であれば満足できる発泡酒だと思う。

ライトな発泡酒では物足りなくなってしまったら、一度試してみて欲しい。

四季の金麦ゴールド・ラガーについて

金麦シリーズは、四季によって微妙に味わいを変化させている。

このゴールド・ラガーも、四季によって味わいに変化をつけているようだ。

麦の味感と刺激感のバランスをほんの少しずつととのえながら、ついに、金麦、金麦〈ゴールド・ラガー〉、金麦〈糖質75%オフ〉に、“四季の金麦”できました。

季節の料理にも合わせて、ほんの少しだけととのえる。

このほんの少しが、大きなこだわりなんです。

せっかく日本には、素敵な四季があるのですから。

https://www.suntory.co.jp/beer/kinmugi/brandstory/000025.html

うん、グッとくる文章。

夏の暑い日も、冬の寒い日も、金麦を思わず手にとってしまいたくなる。

ただし缶に季節が印字されているのは、オリジナルの金麦だけかもしれない。

あるいは季節の変わり目の場合、標準的なレシピの金麦ゴールド・ラガーが出荷されている可能性も考えられる。

いずれにしても、その時々で美味しく感じられる金麦ゴールド・ラガーが出荷されていることは、間違いなさそうだ。

原材料名やカロリーなどの基本情報

金麦ゴールド・ラガーの原材料名
金麦ゴールド・ラガーの栄養成分表示
原材料名発泡酒(国内製造)(麦芽、ホップ、糖類)、スピリッツ(小麦)
栄養成分表示
(100mlあたり)
エネルギー:48kcal
タンパク質:0.1〜0.3g
脂質:0g
炭水化物:2.8g
糖質:2.7g
食物繊維:0〜0.2g
食塩相当量:0〜0.02g
プリン体:約5.0mg
アルコール分6%
製造者サントリービール株式会社
酒税法上の区分リキュール(発泡性)①
購入時の税別価格
(350ml)
99円

金麦ゴールド・ラガーの実飲レビューまとめ

  • キレ 60% 60%
  • コク 90% 90%
  • 苦味 70% 70%
  • 総合ポイント 80% 80%

アルコール度数が高い分、万人受けとは言えないだろう。

だがパワフルな発泡酒を求めている場合は、非常に美味しく楽しめる1本だと思う。

味の濃いおつまみの時には、今後もぜひチョイスしたい。