発泡酒に求めるものは人それぞれだが、私は優先して「キレ」を挙げている。

コクの点ではどうしてもビールに敵わないが、キレなら発泡酒でも十分に勝負できるからだ。

今回はそんな「キレ」を、高発酵・冷涼ホップ等により、アサヒ史上最高レベルで実現した、アサヒ極上<キレ味>の実飲レビューだ。

アサヒ極上<キレ味>のキャッチコピー

さて、実飲する前にワクワク感を高めるため、ここでキャッチコピーを確認する。

アサヒビールのブランドページには、こう書いてあった。

その渇きに、極上<キレ味>

https://www.asahibeer.co.jp/gokujo/

ただ公式サイトを引用しただけでは芸がないので、缶に印字されている筆記体の文章も、Google翻訳を使って読んでみた。

アサヒ極上<キレ味>のキャッチコピー

(原文)Fine Quality
This Beer is made from quality ingredients and used a pure cultured yeast alongside our advanced brewing techniques.
Marked by its rich flavor refreshing drinkability smoothness, its made to be enjoyed all year.

(翻訳)上質
このビールは、高品質の原料から作られ、高度な醸造技術とともに純粋な培養酵母を使用しています。
味わい豊かで清涼感あふれる飲みやすさで、一年中楽しめます。

メーカー側の、相当な努力が伺える一文だ。

ワクワクしてきた!あぁ早く飲みたい!

Web限定動画について

さらにアサヒ極上<キレ味>には、15秒のWeb限定動画がある。

せっかくなので、こちらも見ておこう。

「今飲んだら極上だろうなぁ」というフレーズも印象的。

実飲レビュー

アサヒ極上<キレ味>を実飲

それでは、いただきます!

まずはじめに感じたのは、非常に豊かなホップの香り。

エール系ビールを思わせる香りといったら言い過ぎだろうか。いや、でもかなり素晴らしい香り。これが冷涼ホップの効果だろうか。

そして豊かな苦味と、ズバッとシャープなキレは圧巻だ。

麦の風味が感じられ、コクもしっかりしている。

キレがあるのでグビグビ飲めるが、味わってもちゃんと美味しいのが素晴らしいポイント。

仕事終わり、キンキンに冷えたアサヒ極上<キレ味>を飲めば、1日の疲れも吹っ飛んでしまうだろう。

ビールよりも手ごろな価格で、香りもキレもコクも味わえる、コスパの高い発泡酒だと感じた。

どんな人にオススメ?

  • とにかくサッパリしたい人
  • 苦味とキレを一気に流し込みたい人
  • 発泡酒だけど、ちょっと贅沢な気分になりたい人

キンキンに冷えたビールが好き!という人や、とりあえず一杯グイッと飲みたい人にオススメしたい。

私はもったいないので一気に飲んだが、キレが優先されていることもあり、温くなっても美味しい、とはいかない味だ。

なので、キレを楽しむためにも、やっぱり冷たいうちに一気に飲んでしまうのが良いだろう。

原材料名やカロリーなどの基本情報

アサヒ極上<キレ味>の原材料名や栄養成分表示(カロリーなど)
原材料名発泡酒(国内製造)(麦芽、ホップ、大麦)、スピリッツ(大麦)
栄養成分表示
(100mlあたり)
エネルギー:41kcal
タンパク質:0.2〜0.6g
脂質:0g
炭水化物:2.2g
糖質:2.2g
食物繊維:0〜0.2g
食塩相当量:0〜0.02g
アルコール分5%
製造者アサヒビール株式会社
酒税法上の区分リキュール(発泡性)①
購入時の税別価格
(350ml)
123円

アサヒ極上<キレ味>の実飲レビューまとめ

非常に美味しかった。また飲みたい。リピートです。

  • キレ 100% 100%
  • コク 70% 70%
  • 苦味 80% 80%
  • 総合ポイント 90% 90%