スーパーやコンビニで見かける発泡酒は、そのほとんどが日本産だ。

しかし中には、外国産の発泡酒も存在している。

そして、外国産の発泡酒の中でも、特に大型スーパーに置いてあって、最も良く見かけるのが「ユーロホップ」ではないだろうか。

しかもこのユーロホップ、調べてみたらビールの本場ベルギーで250年の歴史を持つ醸造所で作られているのだとか。

ということで今回は、本場の味が手軽に楽しめそうなユーロホップを実飲レビューする。

ちなみに、上の画像は光の具合で液体の色が異様に黒く写ってしまったが、実際には以下の画像のような、普通の発泡酒らしい黄金色をしている。

ユーロホップの色

ユーロホップのキャッチコピー

ユーロホップには、キャッチコピーらしいものが書かれていない。

缶に書かれている言葉も「冷たくして飲んでね」とか「ベルギー産だよ」的な内容しかなく、中身で勝負といったところだろうか。

まぁ特に何も書いてなかったとしても、ビールの本場ベルギー産の発泡酒という時点で、存在自体がキャッチーな気もしてきた。

どれどれ、お味が楽しみだぞ!

実飲レビュー

ユーロホップの実飲レビュー

すごーくスッキリしてる。ホップなのかな、香りもGood!

そして、ちゃんと美味しい。苦味もコクも、強くはないけどしっかりある。

全体的なバランスがすごく良くて、これがベルギーのビールだよって言われたら、信じて飲んじゃう感じ。

中でも特に、香りかな。ホップの香りが、発泡酒のレベルじゃないというか。

すごく上質でイイ香り。めっちゃ華やかよ。

変な後味もないし、とっても美味しい発泡酒だと思う。

どんな人にオススメ?

  • 海外産の発泡酒を試してみたい人
  • 発泡酒にもしっかりとした美味しさを求める人
  • 香り高い発泡酒が飲みたい人

サッパリしたビールという感じ。

だからビールが好きな人なら誰にでもオススメできる。

特に香りを重視する人かな、適度なホップの香りがすごいんだ。

まだ飲んだことないって人には、ぜひ一度飲んでみて欲しい。

原材料名やカロリーなどの基本情報

ユーロホップの原材料名
ユーロホップの栄養成分表示
原材料名発泡酒(麦芽、大麦、コーンスターチ、ホップ)、スピリッツ(大麦、米)
栄養成分表示
(100mlあたり)
エネルギー:41kcal
タンパク質:0.3g
脂質:0g
炭水化物:3.4g
糖質:3.4g
食物繊維:0g
食塩相当量:0.004g
プリン体:不明
アルコール分5%
輸入者富士貿易株式会社
酒税法上の区分リキュール(発泡性)①
購入時の税別価格
(330ml)
99円

まとめ

ユーロホップのまとめ

全体的にすごくハイレベルでまとまっている発泡酒。それがユーロホップだ。

今回はレビューのために味わって飲んでみたが、改めてその美味さに気づかされた。

素晴らしい、リピートは確定です。