コンビニでもスーパーでも、どこへ行ってもほぼ必ず売っているサントリーの発泡酒「金麦」。全体のバランスが取れている印象で、どの発泡酒を買おうか迷った時の有力候補だ。そして毎度のことながら、缶に書かれている「天然水仕込」という文字には心が躍る。今回は、そんな金麦の実飲レビューだ。

金麦のキャッチコピー

缶には印字されていないが、サントリーの金麦製品ページには、以下のようなキャッチコピーが書かれている。

麦のうまみと澄んだ後味の絶妙なバランス

https://www.suntory.co.jp/beer/kinmugi/products/

正直、金麦は何度も飲んだことがある発泡酒だ。

だが、レビューを書こうと思って飲んだことは一度もない。つまりこれまでは、よく味わわずに飲んでいたということだ。

ということで今回は、先述のキャッチコピーを読んだ上で、しっかりと味わって飲んでみる。

実飲レビュー

金麦の実飲レビュー

香りよし、うまみよし、後味よしのベストバランス。

飲みやすいのにしっかりと旨味もあって、非常に美味しい。もちろん苦味もちゃんとある。

ゴクリと飲んだ後にフワッと香るホップも素晴らしい。

居酒屋チェーンの鳥貴族でも「メガジョッキ」で提供されているだけあって、料理との相性も良い感じ。

刺身とかのアッサリした料理にも良いし、焼き鳥とか揚げ物にもすごくマッチしそう。

今はブラックペッパー味のベビーチーズと飲んでいるけど、酒も進むし金麦も進む。

毎日の晩酌にも、もってこいな1本だと感じた。

どんな人にオススメ?

  • 毎日、手頃に飲める美味しい発泡酒を求めている人
  • バランスの良い味の発泡酒を求めている人
  • 基準となる1本を求めている人

金麦は、ビールが好きな人になら1度は飲んでみて欲しい発泡酒だ。

というか個人的に、ビール好きで飲んだことがない人はいないくらい、有名で美味しい発泡酒だと思っている。

確かに、クラフトビールに比べたら、さすがに物足りないかもしれない。

でも、両者は比べるものではないと思う。

金麦には金麦の良さがあって、その良さがビール好きにも受け入れられると、個人的には思っている。

味という点でも、価格という点でもね。

そういう意味で、ビール好きの人にも、金麦は1度飲んでみて欲しい発泡酒だと言える。

四季の金麦について

四季折々の金麦、秋

最近の金麦は、季節ごとに味わいを調整しているようだ。

そういえばいつの頃からか、金麦シリーズには「春の」とか「秋の」といったように、四季を表す言葉が書かれるようになった。

四季による味わいの調整についての詳細がサントリーの公式サイトに掲載されているため、以下に引用して紹介する。

金麦はこれまで、お客さまの日々の食卓に寄り添うブランドとして、「日々のおいしさ」を大切にしてきました。

いつでもおいしく楽しんでもらうために、もっと何かできることはないだろうか。

“季節ごとにほんの少し味わいをととのえる。”

前代未聞のこの挑戦へのきっかけは、「季節とともに、人のおいしさの感じ方は変化する」という話からでした。

たとえば、気温が高い夏は爽快感が欲しいですし、秋は夏に比べて味の濃いものが食べたくなる。

どんな季節でも、おいしく金麦を飲んでもらうためには、季節ごとに変化するおいしさの感じ方に合わせて、味わいをととのえるのはどうかと考えたのです。

https://www.suntory.co.jp/beer/kinmugi/brandstory/000025.html

サントリービール株式会社の、金麦に対する強いコダワリを感じられる。

そのコダワリが手に取るようにわかるほど、金麦は非常に美味しい発泡酒だと感じた。

これからは、四季による金麦の味わいの変化も感じ取っていきたい。

原材料名やカロリーなどの基本情報

金麦の原材料名
金麦の栄養成分表示
原材料名発泡酒(国内製造)(麦芽、ホップ、糖類)、スピリッツ(小麦)
栄養成分表示
(100mlあたり)
エネルギー:43kcal
タンパク質:0.1〜0.3g
脂質:0g
炭水化物:3.3g
糖質:3.2g
食物繊維:0〜0.1g
食塩相当量:0〜0.2g
プリン体:約4.0mg
アルコール分5%
製造者サントリービール株式会社
酒税法上の区分リキュール(発泡性)①
購入時の税別価格
(350ml)
99円

金麦の実飲レビューまとめ

  • キレ 70% 70%
  • コク 80% 80%
  • 苦味 80% 80%
  • 総合ポイント 90% 90%

非常にバランスの取れた発泡酒だった。

これからも、悩んだ時は金麦をベースに考えていきたいと思う。