日常的にビールを飲んでいる人であれば、きっとお腹周りが気になっているはずだ。

かくいう私も、その1人。

だが、今回なんと「お腹まわりの脂肪を減らす」というノンアルコールビールに出逢ってしまった。

それがキリンの「カラダFREE」だ。

ノンアルコールの、いわゆるフリー系全般に言えることだが、そもそもがお腹まわりの心配をせずに飲める特徴はある。

だがこの「カラダFREE」は、さらに【脂肪を減らす】と大きく出てきた。

これは大変ありがたいことだが、一方で味がダメなら飲む気になれない。

ということで、今回はそんな「カラダFREE」を実飲レビューする。

カラダFREEのキャッチコピー

キリン カラダフリーのキャッチコピー

缶にも商品ページにも、特にキャッチコピーらしきものは見当たらない。しかし、

史上初!お腹まわりの脂肪を減らす

という強烈なメリットが書かれているので、これがキャッチコピーの役割を果たしているだろう。

と思いきや、缶の下にちょろっとこんなことが書かれていた。

キリン カラダフリーのキャッチコピー2

(原文)The alcohol-free beer taste beverage. Feel free to enjoy a drink every day.
(翻訳)ノンアルコールのビールテイスト飲料。毎日お気軽にお飲み物をお楽しみください。

味について全く触れられていないのは気がかりだが、とにかく飲んで確かめてみよう!

実飲レビュー

キリン カラダフリーの実飲レビュー

あれ、美味しい。

すごくスッキリした味わいで、変なクセもなくて飲みやすい。

苦味とコクもしっかりあるので、これ唐揚げとかと一緒に飲んだら最高だろうな〜って味。

唐揚げだけに限らず、食事系全般はもちろんのこと、たぶん果物とかとも相性良いかも。

これでお腹まわりの脂肪が減らせるなら、健康目的で飲んでも良いかもしれない。

それくらい、ちゃんと味がしっかりしていて、想像以上に美味しいノンアルコールビールだった。

カラダFREEで、お腹まわりの脂肪は減る(痩せる)のか?

食べ物系で「体に良いよ」みたいな表現を使う時、実はかなりシビアな書き方が要求されている。

いわゆる健康増進法とか、薬機法に関わる部分で、そうせざるを得ない仕組みになっているのだ。

【お腹まわりの脂肪を減らす】と謳っているカラダFREEも例に漏れず、缶に注意書きがビッシリと詰まっている。

キリン カラダフリーの注意書き

で、結論だけど、カラダFREEを飲んでいるだけで、お腹まわりの脂肪が減らせる(痩せる)とは考えないほうが良いだろう。

たしかにカラダFREEには、お腹まわりの脂肪が減らせる機能はあるものの、それ以外の食生活や運動習慣を凌駕するほどではないはずだからだ。

というか、そんな飲み物が存在したら、恐ろしくて仕方がない。

どんな人にオススメ?

キリン カラダフリーの色
  • お酒は飲みたいものの、お腹まわりが気になっている人
  • 健康には気をつけたいけれど、かといって味も妥協したくない人

健康と味、どちらも両立したいという場合、カラダFREEはかなりオススメできる。

さすがに本物のビールとまではいかないが、普通にノンアルコールビールとして美味しいからだ。

お腹周りが気になってビールを飲むことに罪悪感を覚えることがある場合は、ぜひ一度、試してみて欲しい。

原材料名やカロリーなどの基本情報

キリン カラダフリーの原材料名
キリン カラダフリーの栄養成分表示
原材料名難消化性デキストリン(食物繊維)(韓国製造)、熟成ホップエキス、
ぶどう糖果糖液糖、大豆たんぱく、米発酵エキス/炭酸、香料、
酸味料、カラメル色素、甘味料(アセスルファムK)、苦味料
栄養成分表示
(製品1本あたり)
エネルギー:0kcal
タンパク質:0.4g
脂質:0g
炭水化物:7.7g
糖質:0.7〜2.5g(糖類0g)
食物繊維:5.8g
食塩相当量:0〜0.1g
プリン体:0mg
機能性関与成分 熟成ホップ由来苦味酸:35mg
アルコール分0.00%
製造者麒麟麦酒株式会社
酒税法上の区分ノンアルコール
購入時の税別価格
(350ml)
108円

まとめ

健康的で、しかも美味しいノンアルコールビール。

それがカラダFREEに対して感じた印象だ。

金額は他のノンアルコールビールと比べて10円くらい高いものの、お腹まわりの脂肪が減るという機能付きであれば、カラダFREEを選択するのも十分にアリだろう。

最近、ちょっと暴飲暴食ぎみだなという時には、また飲みたい商品だ。

  • キレ 60% 60%
  • コク 75% 75%
  • 苦味 75% 75%
  • 総合ポイント 80% 80%