今回の実飲レビューは、サントリーのレモンサワー「こだわり酒場レモンサワー」。

正直うまい!のキャッチフレーズにホイホイ釣られ手にしたが最後、その美味さと酔い加減の虜になってしまうだろう。

今回はそんな、こだわり酒場レモンサワーを飲んだ感想をレビューする。

こだわり酒場レモンサワー、甘すぎないのが良いところ

こだわり酒場レモンサワーは、居酒屋で飲むレモンサワーにかなり近いものを感じる。

ちょっとこれ焼酎強めなんじゃないの?とか、ジョッキに氷がパンパンに入って、あれ、これ酒入ってる?という感じだ。

要するに甘すぎない。レモンサワーだが非常にサッパリしている。

人気のレモンサワーに「檸檬堂」があるが、あちらとは対極にある感じ。

いや、もちろん私も檸檬堂は大好物だ。だが「暑い日にどちらを飲みたいか?」と問われれば、やはりこだわり酒場レモンサワーと答える。

また、アルコール度数も7%と、割と高めになっていて、端的に言えば手軽に酔える。

あまりお酒が飲めない人であれば、350ml1缶でバタンキューだと思うし、割と飲める人でも500ml1缶でほろ酔いくらいにはなるだろう。

ちなみに目安として、私は1回の晩酌で500mlの発泡酒を3本飲むくらい。そんな私は、こだわり酒場のレモンサワー500ml1缶で完全に良い気分になれる(笑)

甘すぎないがゆえに、果実感はあまりない

果実感に関して言えば、正直そんなに強くない。だたかすかにレモンの香りはする。

ちなみに原材料名にはしっかりと「レモン」と記載されていて、しかも一番最初に記載されているので、それなりに果汁は入っているはずだ。

こだわり酒場 レモンサワー 原材料の画像

かといって酒感(スピリッツと書いてあるが、おそらくウオツカだろう)が前面にも出ていない。

果実感はあまりないものの、酒感も強くなく、いい感じでミックスされているというのが私の感想だ。

こだわり酒場 レモンサワー(サントリー)の実飲レビューまとめ

  • 甘さ 30% 30%
  • 爽快感 70% 70%
  • 香り 60% 60%
  • 総合ポイント 80% 80%