初めて白ビールを飲んだのは、たしか田舎のドイツ料理屋さん。ヴァイエンシュテファンという銘柄のヘフヴァイスだった。以来、白ビールは私の大好物である。

そんな白ビール風の発泡酒が出たということで、ホワイトベルグが出た当時は思わずガッツポーズしたものだ。

ということで、何度も飲んだことはあるが、今回は改めてホワイトベルグを実飲レビューする。

ホワイトベルグのキャッチコピー

ホワイトベルグのキャッチコピー

今、目の前にあるホワイトベルグを、もう飲んでしまいたくてたまらない。

だがここで、今日のホワイトベルグをより楽しむために、落ち着いてキャッチコピーを見てみよう。

きっと、香りで好きになる。

https://www.sapporobeer.jp/whitebelg/

たしかにホワイトベルグは、香りが非常に特徴的だ。

コリアンダーシードとオレンジピールを使用しているので、まるで花のような香りがする。

ちなみに缶には、こんな一文も書かれていた。

口あたり、爽やか。香り、フルーティー。

えぇえぇ、そうでしょう、そうでしょう。

一刻も早くいただきたいところだが、今日の目的はレビューだ。焦らずゆっくりと楽しもう。

実飲レビュー

ホワイトベルグの実飲レビュー

あ〜、もう香りが素晴らしい。柑橘系の香りがすごく爽やかでフルーティ。

ドイツ系白ビールのバナナっぽい香り(銘柄によって違うのかな?)はしないけど、ベルギー系白ビールの柑橘系も良いもんだ。

かといって香りで誤魔化しているわけじゃなくて、味自体もちゃんと美味しいんだよね。

割とサッパリ系なんだけど、しっかりコクもある。

苦味は薄いけど、こういう味わいだから薄くてOKという話。

まぁでもやっぱり、一番は香りかな。

ひとくち飲もうとするたびに柑橘系の香りが鼻をくすぐって、なんだか高級なビールを飲んでいる気分になる。

発泡酒の価格帯でこの味で良いの?ってくらい、全体的にしっかり美味しかった。

どんな人にオススメ?

  • 白ビールが好きな人
  • 変わり種のビールを飲んでみたい人
  • 新しい味を求めているけど、ビール感もちゃんと求めたい人

私は果物が大好きなので、柑橘系の香りも大好きだ。で、白ビールも大好き。

だから私と同じように、果物が好きな人は、白ビールもそうだし、ホワイトベルグも美味しく飲めると思う。

とりあえず、ビール好きなら一度は飲んでみて欲しいかな。

新しい選択肢が広がると思うし、もっといろんなビールを飲んでみたいと思うきっかけにもなるはずだから。

原材料名やカロリーなどの基本情報

ホワイトベルグの栄養成分表示
ホワイトベルグの原材料名
原材料名発泡酒(国内製造)(麦芽(大麦麦芽、小麦麦芽)、ホップ、大麦、コリアンダーシード、オレンジピール)、スピリッツ(大麦)
栄養成分表示
(100mlあたり)
エネルギー:44kcal
タンパク質:0.4g
脂質:0g
炭水化物:3.4g
糖質:3.3g
食物繊維:0〜0.2g
食塩相当量:0〜0.02g
プリン体:約8.6mg
アルコール分5%
製造者サッポロビール株式会社
酒税法上の区分リキュール(発泡性)①
購入時の税別価格
(350ml)
113円

まとめ

ホワイトベルグ フルーティーな香り

何度飲んでも美味しい、ホワイトベルグ。

白ビールが飲みたいけど、でも今日は特別な日じゃないし…って時は、ホワイトベルグが最高だ。

お財布にも優しくて、かつ貧しい気持ちにもならない(笑)

というか、サッポロビールの発泡酒は(ビールもそうだけど)基本的にハズレがなくて、どれ選んでも間違いないね。

ホワイトベルグ、これからも飲み続けます。

  • キレ 50% 50%
  • コク 70% 70%
  • 苦味 40% 40%
  • 香り 95% 95%
  • 総合ポイント 90% 90%