初めてこのパッケージを見た時、なんてイカしたデザインなんだろうと思った。なんとなく味のイメージがつくからだ。というか、エール系の味わいは「水色」という印象が、いつの頃からか刷り込まれてしまった。

今回は、そんなこんなで思わず手にとってしまったサントリーブルーを実飲レビューする。

サントリーブルーのキャッチコピー

サントリーブルーのキャッチコピー

缶に目立ったキャッチコピーは書かれていないが、サントリーの商品紹介ページには、以下のようなキャッチコピーが書かれている。

スッキリうまし!

https://www.suntory.co.jp/beer/blue/

簡潔で良いと思う。あと商品紹介ページ自体が手書き風になっているのも、個人的に高ポイント。

親しみのあるスッキリ系発泡酒として、もしかするとしばらくお世話になるかも。

ゴクゴク系の味じゃないと思うけど、楽しみであることに変わりはない感じ。

実飲レビュー

サントリーブルーの実飲レビュー

はい、美味いですね。抜群に美味い。

エール系特有の高貴な花のような香りを筆頭に、コクと苦味を標準装備した、クオリティの高い発泡酒。

さすがに、プレミアムモルツの香るエールほどではないけど、その廉価版として考えれば全然アリでしょう。

缶には「超スッキリ」って書いてあって、確かにスッキリはしてるけど、それだけじゃないというか。

基本的なビール系の味がしっかりしているので、これはホントうまい。

偉そうにいろいろな発泡酒をレビューしてるけど、居酒屋でこれをビールだよって出されたら、正直自分は「さすがビールは美味いな!」って言っちゃうと思う。

あと、風味が似た感じの発泡酒にホワイトベルグがあるけど、あちらはコリアンダーとかで香り付けしているから、また別物という位置付け。

サントリーブルーは麦芽とホップと小麦スピリッツを基本として、エール酵母で風味を出している。

こういうタイプの発泡酒は、唯一無二であろう。

どんな人にオススメ?

  • 発泡酒でもビール感を味わいたい人
  • エール系のビールが好きな人
  • 安くても美味しい発泡酒が飲みたい人

正直、ビールが好きな人になら誰にでもオススメできる一杯。

エール系の香りは素敵なんだけど、強すぎないから逆に誰でも飲みやすいはず。

美味しい発泡酒を求めているなら、ぜひ一度試してみて。

原材料名やカロリーなどの基本情報

サントリーブルーの原材料名
サントリーブルーの栄養成分表示
原材料名発泡酒(国内製造)(麦芽、ホップ、糖類)、スピリッツ(小麦)
栄養成分表示
(100mlあたり)
エネルギー:42kcal
タンパク質:0.2〜0.4g
脂質:0g
炭水化物:3.0g
糖質:2.9g
食物繊維:0〜0.2g
食塩相当量:0〜0.02g
プリン体:約4.8mg
アルコール分5%
製造者サントリービール株式会社
酒税法上の区分リキュール(発泡性)①
購入時の税別価格
(350ml)
99円

まとめ

サントリーブルーのまとめ

めちゃめちゃ美味しい発泡酒だと思った。これはリピート確定。

味のベースがしっかりと整っていて、その上にエール酵母の香り。香りで誤魔化してないところが最高にイカしてる。

良い意味で金額に合わない、高コスパな発泡酒だ。

  • キレ 60% 60%
  • コク 70% 70%
  • 苦味 70% 70%
  • 香り 100% 100%
  • 総合ポイント 95% 95%