ズラッと並んだ発泡酒の中で、ひときわ高級感を放つ黒いマットな缶。

それが金麦<琥珀の秋>だ。

そもそもが金麦だし、発泡酒でこの高級感は、コスパ厨の私にはたまらない。

今回は、そんなこんなで手にした金麦<琥珀の秋>を実飲レビューする。

ちなみにこちら、2020年秋の限定商品だそうで、2019年には<琥珀のくつろぎ>という商品があった。

金麦では、秋を「琥珀」と捉えているようだ。

金麦<琥珀の秋>のキャッチコピー

金麦 琥珀の秋のキャッチコピー

缶には「ロースト麦芽の香ばしいコク」と書かれている。

香ばしさがウリの発泡酒のようだ。

一方でサントリーの商品ページには、このように書かれていた。

今しか飲めない“香ばしい金麦”

https://www.suntory.co.jp/beer/kinmugi/products/#products_fall

香ばしいと言っても色々あるが、そこはサントリーの金麦、きっと良い感じの香ばしさに違いない。

今しか飲めない、秋の金麦。ワクワクしてきた!

実飲レビュー

金麦 琥珀の秋の実飲レビュー

あら、お上品な香り。でもこれはローストされた香りというよりは、金麦本来の香り?

飲み口はキャッチコピーにある通り、確かに香ばしくて、苦味と一体化している感じがする。

でも、そこまで強烈じゃないというか。

そして強烈じゃない分、平凡な印象を受けてしまった。

ちょっとアルコール強めの、特徴のない金麦といった感じだ。

とはいえ、鼻に抜ける麦の香りはさすが金麦といったところ。

最後に、全体的な味わいとしては、どっしりとした重みがある。

強い特徴がないので、料理には合わせやすいかもしれない。

どんな人にオススメ?

金麦 琥珀の秋の色
  • 重めの発泡酒が飲みたい人
  • クセのない酔える発泡酒が飲みたい人

金麦がめっちゃビール感あるもんで、金麦と同じ感覚で飲みたいという場合は、ちょっと「あれ?」って思うかもしれない。

味的に、金麦とは別物として捉えた方が良いだろう。

料理に合う重めの発泡酒が飲みたいという場合にオススメだ。

原材料名やカロリーなどの基本情報

金麦 琥珀の秋の原材料名
金麦 琥珀の秋の栄養成分表示
原材料名発泡酒(国内製造)(麦芽、ホップ、糖類)、スピリッツ(小麦)
栄養成分表示
(100mlあたり)
エネルギー:51kcal
タンパク質:0.2〜0.4g
脂質:0g
炭水化物:3.8g
糖質:3.7g
食物繊維:0〜0.2g
食塩相当量:0〜0.02g
プリン体:約5.0mg
アルコール分6%
製造者サントリービール株式会社
酒税法上の区分リキュール(発泡性)①
購入時の税別価格
(350ml)
99円

まとめ

金麦 琥珀の秋のまとめ

正直、金麦という名前に期待しすぎた感がある。

味が単調に感じてしまったのだ。

全体としてまとまってはいるが、だからこそ平凡な感じ。

<琥珀の秋>は、味的にちょっとアルコール感も強めの印象を受けたので、オリジナルの金麦の方が好きかな。

  • キレ 50% 50%
  • コク 50% 50%
  • 苦味 60% 60%
  • 総合ポイント 55% 55%